口臭を改善したい 青汁が効くって本当なの?

口臭って本当に嫌ですよね。
前日食べたニンニクのせい、とかなら時間が経てば解決しますが
長く続いた生活習慣からくるものや、歯周病や内科疾患からくるものは改善しようとしてもすぐには効果が出ないでしょうし
そもそもどう改善したらいいのかもよく分からないのではと思います。
そして、他人に指摘するのが難しく、自分では気づかないのが口臭ですから
実は自分の口が臭っているとしたら…と考えると怖くなってしまいます。
あと、自分だけでなく、夫や妻、家族の臭い。
もし家族の口が臭っていたら、似た食生活をしているということで自分の口臭も疑った方がいいですし
愛する夫や妻が余所で「あの人くさ~い」などと思われるのは悲しいですから
言いづらくても家族ならばこそ指摘したり、共に改善策を講じたいものです。

そんな嫌な口臭ですが、青汁が効く事を知っていましたか?
苦い!とか、まずい!とか、しかし野菜不足を補えて身体にはいい…というイメージの青汁ですが
身体にいい上に、口臭対策にまでなるなんて、
家族の口臭にお悩み、または「実は自分も周りに臭いと思われてるのでは」なんて疑心暗鬼の方には
かなりの朗報ではないでしょうか。

というわけで、青汁がなぜ口臭に効くのか調べてみました。
*口臭の原因

まず口臭の原因についてですが、大きく分けて生理的口臭と病的口臭のふたつに分かれています。

生理的口臭は、
①起床直後の口臭 ②空腹時の口臭 ③緊張時の口臭 の三つ

病的口臭は
鼻・喉・呼吸器系・消化器官の疾患、肝臓や腎臓などの内臓疾患、糖尿病
などが原因の口臭

の事をいいます。
生理的口臭は主に舌の表面につく白い苔のようなもの=舌苔によるもので
舌の清掃が最も有効な予防法とされています。舌磨きというやつですね。これで予防できます。
対して、病的口臭は主に身体の内部から起こるものなので、そう簡単に磨いたり掃除したり出来ません。
そこで期待するのが青汁というわけです。
*青汁がなぜ口臭に効くのか

青汁が何故口臭に効くのか?を調べていきます。

①クロロフィル(緑要素)

青汁の原料とされる大麦若葉、明日葉、ケールにはクロロフィル(緑要素)という成分が多く含まれており
緑要素といえば植物の葉の成分を合成するものとして知られていますが
人間に対しても、貧血予防の改善やコレステロール値の正常化、美容、整腸作用、消臭効果という
素晴らしい効果があるんですね。
最後の消臭効果がまさに、口臭対策で期待される効果なのですが
クロロフィルの抗菌・殺菌作用と整腸作用によるデトックス、コレステロール値の正常化による糖尿病の予防
などが合わさって、更に血液循環を良くして代謝を高めた結果の消臭効果です。
様々な内臓の不調が原因で起こる口臭ですが、その不調も改善しつつ口臭も消してくれるなんて素晴らしいですね。

②食物繊維による腸内環境改善効果

前述のクロロフィルにも整腸作用がありますが、こちらは食物繊維による腸内環境改善効果です。
青汁には不溶性と水溶性食物繊維が両方含まれており

不溶性食物繊維:消化器官内で水分を吸いこんで、糞便の量を増やし排泄を促進
水溶性食物繊維:水分保持能力によって糞便をドロドロの膜でコーティングし排泄を楽にする

この二つの効果が同時に見込めるんですね。
便秘が続くと口臭はきつくなりますから、お通じを良くして便秘を予防する=口臭も予防というわけです。
いかがでしたか。青汁の口臭対策と予防の効果、すごく期待できそうですよね。
口臭対策は簡単なものだと舌磨きやマウスウォッシュ、ガムを噛むなどで対策する方が多いですが
それだと生理的口臭には効果があっても、病的口臭には効果が無いです。
病的口臭を改善するには、食生活の改善や適度な運動など健康的な生活が必要なわけですが
そこを簡単に補えるのが青汁というわけです。
序文で夫や妻の口が臭い時、家族なら指摘した方がと書きましたが、やっぱり言いづらい…という方も、
「野菜不足を補うためにこれを飲んで」と言えば青汁なら勧めやすくて、こっそり対策できますし
最近は飲みやすい味のものも多いですから、ご自分や家族の口臭の気になる方は是非、日々の食卓に青汁を取り入れられてみてはいかがでしょうか。

青汁 ダイエット

Comments are closed.