口臭を改善したい 青汁が効くって本当なの?

口臭って本当に嫌ですよね。
前日食べたニンニクのせい、とかなら時間が経てば解決しますが
長く続いた生活習慣からくるものや、歯周病や内科疾患からくるものは改善しようとしてもすぐには効果が出ないでしょうし
そもそもどう改善したらいいのかもよく分からないのではと思います。
そして、他人に指摘するのが難しく、自分では気づかないのが口臭ですから
実は自分の口が臭っているとしたら…と考えると怖くなってしまいます。
あと、自分だけでなく、夫や妻、家族の臭い。
もし家族の口が臭っていたら、似た食生活をしているということで自分の口臭も疑った方がいいですし
愛する夫や妻が余所で「あの人くさ~い」などと思われるのは悲しいですから
言いづらくても家族ならばこそ指摘したり、共に改善策を講じたいものです。

そんな嫌な口臭ですが、青汁が効く事を知っていましたか?
苦い!とか、まずい!とか、しかし野菜不足を補えて身体にはいい…というイメージの青汁ですが
身体にいい上に、口臭対策にまでなるなんて、
家族の口臭にお悩み、または「実は自分も周りに臭いと思われてるのでは」なんて疑心暗鬼の方には
かなりの朗報ではないでしょうか。

というわけで、青汁がなぜ口臭に効くのか調べてみました。
*口臭の原因

まず口臭の原因についてですが、大きく分けて生理的口臭と病的口臭のふたつに分かれています。

生理的口臭は、
①起床直後の口臭 ②空腹時の口臭 ③緊張時の口臭 の三つ

病的口臭は
鼻・喉・呼吸器系・消化器官の疾患、肝臓や腎臓などの内臓疾患、糖尿病
などが原因の口臭

の事をいいます。
生理的口臭は主に舌の表面につく白い苔のようなもの=舌苔によるもので
舌の清掃が最も有効な予防法とされています。舌磨きというやつですね。これで予防できます。
対して、病的口臭は主に身体の内部から起こるものなので、そう簡単に磨いたり掃除したり出来ません。
そこで期待するのが青汁というわけです。
*青汁がなぜ口臭に効くのか

青汁が何故口臭に効くのか?を調べていきます。

①クロロフィル(緑要素)

青汁の原料とされる大麦若葉、明日葉、ケールにはクロロフィル(緑要素)という成分が多く含まれており
緑要素といえば植物の葉の成分を合成するものとして知られていますが
人間に対しても、貧血予防の改善やコレステロール値の正常化、美容、整腸作用、消臭効果という
素晴らしい効果があるんですね。
最後の消臭効果がまさに、口臭対策で期待される効果なのですが
クロロフィルの抗菌・殺菌作用と整腸作用によるデトックス、コレステロール値の正常化による糖尿病の予防
などが合わさって、更に血液循環を良くして代謝を高めた結果の消臭効果です。
様々な内臓の不調が原因で起こる口臭ですが、その不調も改善しつつ口臭も消してくれるなんて素晴らしいですね。

②食物繊維による腸内環境改善効果

前述のクロロフィルにも整腸作用がありますが、こちらは食物繊維による腸内環境改善効果です。
青汁には不溶性と水溶性食物繊維が両方含まれており

不溶性食物繊維:消化器官内で水分を吸いこんで、糞便の量を増やし排泄を促進
水溶性食物繊維:水分保持能力によって糞便をドロドロの膜でコーティングし排泄を楽にする

この二つの効果が同時に見込めるんですね。
便秘が続くと口臭はきつくなりますから、お通じを良くして便秘を予防する=口臭も予防というわけです。
いかがでしたか。青汁の口臭対策と予防の効果、すごく期待できそうですよね。
口臭対策は簡単なものだと舌磨きやマウスウォッシュ、ガムを噛むなどで対策する方が多いですが
それだと生理的口臭には効果があっても、病的口臭には効果が無いです。
病的口臭を改善するには、食生活の改善や適度な運動など健康的な生活が必要なわけですが
そこを簡単に補えるのが青汁というわけです。
序文で夫や妻の口が臭い時、家族なら指摘した方がと書きましたが、やっぱり言いづらい…という方も、
「野菜不足を補うためにこれを飲んで」と言えば青汁なら勧めやすくて、こっそり対策できますし
最近は飲みやすい味のものも多いですから、ご自分や家族の口臭の気になる方は是非、日々の食卓に青汁を取り入れられてみてはいかがでしょうか。

青汁 ダイエット

「これだ!」適切な青汁の選び方紹介!

青汁を選ぶときは十分に時間をかけて選びましょう。「これでいんじゃないかな?」と言う適当な決め方で選ぶとちょっと後悔するかもしれません。青汁選びで一番気をつけるのは、値段に誤魔化されないことです。安さに釣られて選ぶとあまり魅力的な成分が含まれていないと言う可能性がありますし、原料や添加物のことなども心配です。

また高いから「これがいいだろう」と思って選んでも高いからと言って、確実に良い効果があるわけではないのです。ですから安易に値段では選ばないようにしてください。

大事なのは成分。さまざまな効果がバランスよく含まれているのが「大麦若葉の青汁」です。健康にも美容にも秀でる成分が含まれており、味も美味しいので大変飲みやすく、今の青汁の主流になりつつあります。次にアンチエイジング効果が高いものを選びたいなら「ケールの青汁」がいいでしょう。ケールは不味いと言うデメリットはあるもののいつまでも若々しい姿でいたい人にはオススメです。抗酸化作用がとても高く、お肌を若々しく保ちたいならケールの青汁を選ぶべきです。デトックス効果が高いのは「明日葉」です。むくみやダイエットにも効果的であり、飲みやすさも合格点です。このように自分が一体どのような効果を求めているかによって、青汁選びをしてください。

またやっぱり味も大事ですよね。先ほどもチラッとご紹介しましたが、ケールは不味いです。味が独特で青臭いので、結構我慢が必要なのです。そして大麦若葉や明日葉はそれに比べると大変飲みやすくて続けられやすいです。青汁の味を気にする方はこの点にも気をつけて、青汁選びをしてください。味の評価は商品によって比較サイトや口コミなどで実際に飲んだ人の意見を目にすることができます。そう言った飲んだ人の意見にもしっかりと目を配って、青汁選びをしましょう。

最後にやっぱり試してみないと分かりませんよね?キャンペーン中などでお試しパックで注文できることがありますので、そんな場合は迷わず試してみましょう。もしくは1箱使ってみて実際に自分で効果を把握してから、使いはじめましょう。試してみないとやっぱり実際に効果があるのかどうかは分かりません。使ってみてその品質の良し悪しをしっかりと見極めて、気に入った商品を飲み続けるようにしてください。

青汁は毎日のあなたの健康を支えてくれる素晴らしい健康飲料です。きっとあなたに嬉しい効果をくれるはずです。興味があるならぜひ一度お試しになって、健康的に過ごしましょう。
便秘 青汁

青汁を摂取するようになって

毎日のようにテレビで健康食品のコマーシャルを観ます。

050にんにくだったり卵だったり新しく耳にする栄養成分だったりいろいろなものがあります。その時その時のトレンドで色々なものが売られたりしていますが、その中でも青汁はかなり前から紹介されていて現在でも色々な会社から発売されています。それだけ根強い人気があるという証明なのでしょう。自然のものをダイレクトに摂取できるということが理屈なくヘルシーなイメージを生んでいると思われます。

青汁ブームのきっかけは「まずい!もう一杯!」というコマーシャルではないかと思っています。野草を絞ってそのまま飲むという印象の青汁をそのままダイレクトに伝えているようなインパクトは未だに記憶しています。けれども逆にそれをきっかけに認知度が高まって、さまざまな改良が加えられているのが原因で今日までヒット商品であり続けているのでしょう。

普段の生活の中で「野菜をあまり摂取していないな」と思っている方はきっと多いと思います。体の調子を整えたり、栄養の偏りをなくすためにも野菜は非常に重要です。わかっているけれどもついつい炭水化物や肉や脂などを多く摂取してしまいがちです。バランスのいい食生活をし続けるにはなかなか忙しい現代社会では難しいのかもしれません。美容の面からも肌の調子を整えたり、女性の方が野菜の摂取に関しては敏感かもしれません。

そこで朝起きて青汁を一杯でも飲むという習慣は多くの家庭でやられているのかもしれません。青汁も改良が進んでいって、現在ではあまり苦みを感じない飲みやすいものも発売されているそうです。朝出掛ける時などは特に時間がないものなので、ジュース状ですと1分も飲むのにかかりませんし非常にいいのではないでしょうか。それでも苦みなどで続けられるのか不安な方は、お試しパックなどで最初はチャレンジして様子を見るのも悪くないと思います。やはり人によって青汁も合う、合わないというものがあると思います。メーカーによっても違うので色々と試してみることはおすすめしたいです。

それでも青汁を飲むのが苦手だという方にはサプリメントタイプがおすすめです。これならばほとんど臭いを気にすることはありませんし、薬を飲むような要領で摂取することができます。保存期間も長いですし、薬と違って1日に飲む量は特に決まっていないため自分に合った量を調節しながら飲むことができるところがいいです。

青汁を飲み続けて

自分は30代の中年男性です、そろそろ健康にも気をつけないといけない年頃になりました
しかし毎日の食事は肉中心だったり油物だったりします。健康診断の結果もけっこうやばいです。

何とかしないといけないと思い野菜を摂取したりしてますが、やはり野菜はちょっと苦手です。
しかたがないので近くのドラッグストアから大麦若葉青汁とケール青汁を買って帰りました。
値段は小分けされたステッィクタイプの粉末が44本入って980円くらいでした、安いですね、そして効果が薄そうな気がしますね(笑)。
青汁売り上げ第一位って書いてありますね、青汁業界なんて知りませんけど売れてるんでしょう。

本当はテレビショッピングで売っているような30本で3000円以上するような高価な青汁が飲んでみたかったんですけど、
ビンボーな自分にはとても買えませんね。
救済の青汁みたいな効果がありそうな青汁が飲んでみたいですね。
家に帰って早速飲んでみることにしました。
ぬるい水ではおいしくないのでキンキンに冷えた水で青汁を溶かします。
水を入れて青汁粉末を投入します。

コップの中を除いてみると水が緑色になってますね、とても人間が飲むような色には見えないですね(笑)。
最初の一口を飲んでみました、「まずい、もう一杯」ってゆうセリフを思い浮かべながら飲んでみましたけど思った以上に苦くないですね。
むしろ緑茶のような味がしてとても飲み易かったですね。ケール青汁の方も飲んでみましたがやはり緑茶のような味がしておいしいです。

時代は進化したものですね、これなら毎日でも飲み続けることができますね。
箱を回し見してみると子供用に牛乳にも溶かすことができるようです、牛乳が緑色だったら子供は絶対飲まないでしょうね。
一日朝・昼・晩・と一ヶ月飲み続けているとある変化がありました、すごくトイレに行きたくなるんです、一日二回ぐらい、便の大きさも一回り大きい気がします。
青汁はダイエット効果でもあるんでしょうかね?健康になれてダイエットできるならとてもいいですね。
また健康診断の季節が来ました、憂鬱です。
献血の注射針を刺されると前回よりも血液の出方が良くなったような気がしました。
前回採血をしたときは血液がじわーっとにじみでるような出方をしていましたがほっといたら天井まで届きそうな勢いで出てました。
血液がさらさらになっているんですかね?
検査結果はたいして変わりませんでしたけど少しでも体が健康になるなら飲んでみる価値はありですね。